化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

安すぎる化粧品

安いのは、大歓迎!だけど、安すぎるのはどう?高すぎるのも困るけど、安すぎるのも考えもの。いくら、好奇心旺盛の私でも遠慮したいものです。

化粧品には、中身の原料費の他に、容器代、箱代、それに宣伝広告費などのコストがかかります。ある程度の品質を保つには、それなりの原価がかかるものなのです。1番、原価が安いと言われている化粧水(ほとんど水ですから)でさえも、もろもろの費用を考えると、定価数百円の化粧水なんて、余程の販売数がない限り苦しいものです。

何でもそうですが、販売価格を安くするためには、どこかで、何かで、コストを削減する事が必要となってきます。当たり前の事ですよね。ほとんどの衣類が、今では人件費の安い中国製です。冷凍食品・加工食品の多くも同様です。世の中全体が、コスト削減傾向にあります。

「化粧品の中身の品質(コスト)は下げないで、容器、パッケージでコスト削減を・・・」というメーカーばかりだと良いのですが、そんな良心的なメーカーばかりではありません。目先の利益に囚われているメーカーも少なくないのです。

私が商品開発に携わっていた頃は、高価な有効成分を配合するために、パッケージの紙質をワンランク下げたり、コストのかからない容器を使用したりと苦労したものです。一般的なメーカーは、コストダウンのために、小さいけれど涙ぐましい努力をしているのです。

さて、1番手っ取り早く、コスト削減をできるところとはどこだと思いますか?1番消費者の目に見えないところです。つまり、原材料。

消費者にとっては、直接肌につけるものだから、1番気をつけたい原材料をおざなりにされては、たまったものではありません。けれども、利益優先主義のメーカーにとっては、安い原材料で高利益を上げる事ができたら、言うことはないのでしょう。安い原料の中には、粗悪品が混じっていることもあります。

できれば、安心できる原料の、安心できる化粧品を使いたいものです。それはきっと、激安の化粧品の中にあるとは思えないのです。日々の、食のニュースを見ていても、そう思わずにはいられません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.