化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

必見!成分表示

化粧品容器の裏や、パッケージの裏に、小さい文字で書かれた成分表示。あなたはちゃんと見た事がありますか?そういう私も、以前はあまり真剣に見た事はありませんでした。全成分が表示されるようになるまでは。

小さい文字で、ついでのように書かれている全成分表示ですが、実はとても重要なのです。成分が全部表示される前は、指定された成分のみの表示でした。その代わり、全ての化粧品メーカーが、製造承認を得るために、厚生労働省へ申請しなければなりませんでした。なので、申請から製造許可が出るまでには、かなりの月日がかかっていました。

このように、以前は厚生労働省が厳しいチェックをしてくれていたのです。けれども、化粧品に対する規制緩和によって、承認・許可の申請が廃止されたのです。それと同時に、配合されている全成分を、消費者に見える形で表示されるようになりました。

これが、全成分表示です。情報公開する事によって、安全性の判断が消費者に委ねられるようになってしまったのです。「自己責任で化粧品を選びなさい!」という事です

アレルギー物質が特定されている方には、とても便利です。ですが、ほとんどの女性は、途方に暮れてしまうのではないでしょうか?見れば見るほど、悪い成分ばかり入っているようにも見えてきます。

正直に言えば、私もそんな中の1人でした。化学音痴なものですから、○○Naとか、○○酸とつくだけで目を背けたくなりました。しかし、そこはグッと我慢。それぞれの成分の大まかな働きを把握するが大切なのです。「めんどくさい。」なんて言わないで・・・

何が洗浄剤で、保湿剤か、はたまた界面活性剤は何が使用されているか?それを知っているだけで、化粧品を選ぶ際にずいぶん役に立つものです

少しだけ、全成分表示のルールをお話ししておきましょう。表示されている成分の名称は、日本化粧品工業連合会が定めた「化粧品の成分表示名称リスト」に基づいて統一使用されています。

そして、成分表示の順序です。原則としては、含有量の多い順番に表示されているのです。例えば化粧水ならば、「水」が1番最初に記載されている事でしょう。微量の成分は順不同でも可能で、色素などは最後にまとめて表示される事もあります。ですから、この成分表示を見れば、どんな界面活性剤がどれくらい入っているのか、保湿成分はたくさん入っているのか、防腐剤や安定剤はたくさん入っているのかが一目瞭然なのです。

成分の事を、少し学ぶだけで化粧品の中身の事がよ~く分かるようになりますよ。今までより、少しだけ厳しい目で、化粧品を選択できるようになるではないでしょうか?

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.