化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

スキンケア~洗浄・保湿

化粧品の成分はひとつの成分でも、いくつかの働きを持っているものもあります。そして、目的に応じて安定性のある成分が配合されています。主な目的別にいくつかの成分を見てみましょう。

洗浄剤

<ステアリン酸>
洗浄剤、乳化剤、油剤、クリームの基剤、乳化改良剤として使用。牛脂、大豆油や綿実油から製造の高級脂肪酸。化粧品ではのび、かたさなどの感触調整や安定性を高めるための油性原料としてクリームや乳液などに配合。界面活性剤の原料として、アルカリ剤と併用し石けんを作る。

保湿剤

<ホホバ油>
砂漠地帯に生息するホホバの種子から抽出した天然の保湿油。
<スクワラン>
深海鮫の肝油から抽出、精製したエモリエント成分。老化防止効果。
<ヒアルロンサンNa>
皮膚の真皮にある水分保持能力の高い成分。
<PG(プロピレングリコール)>
保湿、湿潤剤、溶剤、粘度低下剤として使用。保水剤グリセリンに似ているが、グリセリンに比べて粘度が低いので使用感がさっぱりしている。微生物の繁殖を抑える抗菌作用あり。防腐性を高める目的での使用も多い。石油由来の保湿成分。
<BG(1.3-ブチレングリコール)>
肌にうるおいを与える石油由来の保湿成分。無色、無臭の液体で化粧品に広く使用。
<グリセリン>
古くから用いられている保湿成分。高い保湿作用があり、肌にうるおいとソフト感を与える。

その他

 <ミネラルオイル>
エモリエント剤、保護剤、溶剤、ヘアコンディショニング剤、油剤として使用。石油原油を蒸留し、固形パラフィンをのぞいて精製(鉱物油)。安定性や油性の物質との親和性がよく、乳化しやすい性質を持つ。肌によくのびて、水分が逃げないように肌への保護作用や柔軟作用があり。油性メイクアップ製品や油性の汚れを溶解除去する作用。
<PEG‐60水添ヒマシ油>
エモリエント剤、乳化剤、合成界面活性剤、合成ポリマーとして使用。ノニオン合成界面活性剤の代表的な原料のひとつ。化粧品においては泡立ちがよく、洗浄力も高い性質。

界面活性剤

ステアリン酸グリセリル(SE)、ステアロイルグルタミン酸Na、ココイルアルギニンエチルPCA、ココイルグリシンK、コカミドDEA、リゾレシチン、ミリスチン酸、ステアリン酸PG-60グリセリン、ジステアリン酸ポリグリセリン-10など・・・

防腐剤

安息香酸、イソプロピルメチルフェノール、ソルビン酸、パラオキシ安息香酸エステル類(パラベン)、フェノキシエタノール、塩化ベンザルコニウム、サリチル酸など・・・

気をつけたい成分

<硫酸とつくもの>
例えば、オレフィンスルホン酸Na.スルホコハク酸Na.「スルホ」は「硫酸」のこと。起泡剤。
<EDTA-2Na(エデト酸塩)>
酸化防止剤。
<BHT>
酸化防止剤。

表示で分からない成分は、インターネットで検索すれば、大まかな事は、ほとんど分かります。毎日使用するスキンケア成分のある程度の事は理解しておく事をオススメします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.