化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

とにかく使用!サンプル、小容器から

自分の肌にピッタリの化粧品に出会うのは至難のワザ。ネット販売により、海外の化粧品も、簡単に手に入る世の中においてはなおさら・・・です。

「星の数ほどある化粧品の中から、どうやって相性の良い化粧品を探せっていうの?」そう思いたくなる気持ちも分かります。自分の肌のコンディションを理解し、情報を収集したなら大丈夫!

まず、「これは?!」と思う化粧品から、試供品で試してみましょう。実際、自分の肌で試してみるのが1番です。間違っても、いきなりライン使いしてはダメダメですよ。

私は、化粧品会社にいた頃、化粧品の使用感を数え切れないほど試しました。クリームひとつとっても、実に様々な使用感のクリームがあります。メーカー、対象年齢、ブランドによって、はたまた、肌タイプ別によっても様々です。しっくり感じるものも、違和感を覚えるものもあります。

使用感を試していた癖が抜けないせいか、私は今でもサンプルを頂いて、使用感を試すのが大好きです。ほんの1回分ほどの少量ですが、香り、肌への浸透感、油分の量などが、一目瞭然なのです。

サンプルがない時は、最近良く目にする小容器。数回分のトライアルサイズを購入します。かわいいミニボトルで、価格は数百円。お試しにはピッタリです。

サンプルも、小容器もない時は、店頭のテスターを腕の内側に塗って、試してみましょう。最初は、「なんか、良く分からない!」という感じかもしれません。けれども、何度か試すうちに「これは、浸透していく」「これは、べたつく」という事が、少しずつ分かってくるのです。そうなったら、こっちのもの。あなたの求める化粧品に、一歩近付いた証拠です。
敏感肌の方なら特に、慎重に慎重を重ねても足りないくらいです。サンプルでしっかりパッチテストをしてから、購入しましょう。

敏感肌の友人の中には、サンプルでは何事もなかったので、商品を購入して実際使用してみたら、赤いポツポツと痒みが出てしまったという人もいます。だから、スキンケアを変えるのは、怖いと・・・

また、敏感肌の化粧品で、サンプル使用だけで、赤いポツポツが出た事もあると言います。敏感肌用のシリーズだからといって、敏感肌の全ての人に大丈夫というものでもないのですね。

私の友人の場合、「パラベン」がダメだという事でした。その事が分かってから、肌にピッタリのスキンケアシリーズに出会えたようです。今は、肌状態も良く、イキイキとしています。そのスキンケアとの出会いが、店頭でもらった小さなサンプルからだったというのですから、あなどれないものですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.