化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

きちんと汚れ、落ちてる?

女性なら、毎日お世話になっている、スキンケア化粧品。出来るだけ、肌との相性が良いものを選びたいものです。
スキンケアで大切なステップは何だと思いますか?それは、「マイナスのスキンケア」です。つまり、クレンジングとウォッシング。

毎日、繰り返されるメイク。その日の汚れは、その日の内に落としてしまわなければ、落ちなかった汚れが肌に残ってしまいます。28日周期の健康的なターンオーバーも滞ってしまいます。肌は固くなるし、くすんできます。せっかく高いスキンケアシリーズを使っていても、化粧水さえも、染み込んでくれません。悲しくないですか?

けれども、このクレンジング、むやみやたらに汚れさえ落とせば良い!というものでもありません。ここが難しいところ・・・汚れは、きちんと落としたいけれども、肌は傷めたくないのです。肌は傷めなくとも、汚れはきれいに落としたいのです。

「クレンジグタイプも様々で、何が肌に合うのか分からない!」そんな声が聞こえてきそうですね。お任せください。

メイク汚れを1番落としてくれるのは、オイルタイプでしょう。油分の少ない、ミルクタイプになるにつれ、洗浄力は弱くなります。保湿はその逆で、ミルクタイプのものが高く、オイルは潤いまでも取り除く事もあります。

あなたのメイクは、しっかりメイクですか?うっすらメイクですか?そして、肌質は乾燥肌?しっとり肌?部分的に乾燥してますか?しっかりメイクでしっとり肌なら、洗浄力優先のオイルがオススメ。けれども、肌の弱い人や、乾燥肌の人はミルクタイプがオススメです。肌には断然、優しいからです。洗浄力もオイルに比べて、マイルドですが、手のひら全体で、優しく丁寧にクレンジングする事できれいに落とす事ができます。

私は、わりあい丈夫な肌なので、クレンジングオイル+ソープでクレンジング、ウォッシングをします。そして、何度も化粧水を叩きます。

「メイク」「肌質」「潤い」、この3つのバランスを見ながら、「マイナスのスキンケア」との相性を見る事がポイントですよ。

何度も言うようですが、潤いを残す事だけが、よいクレンジグでもなく、汚れを落とす事だけが、パーフェクトなクレンジングではないのです。奥が深いのです。けれども、このポイントを押さえておかないと、いくら高いスキンケアシリーズを使ってもムダ!という事にもなりかねません。心して、「マイナスのスキンケア」に取り組みましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.