化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ちゃんと肌に入ってる?

メイクを落とし、一日の肌の汚れを洗い流す。その後私は、何はさて置き、化粧水をつけます。この瞬間が、一日の中で、一番肌が喜んでいる瞬間だと思うのです。私自身も、ホッとリラックスしている瞬間だからでしょう。この時、素肌にスーッと自然に、染み込んでいく化粧水。それは、あなたの肌と相性の良い化粧水と言えます。

ここで大切なのは、メイク汚れや皮脂汚れがきちんと落とされた、清潔な肌だという事です。忘れないでくださいね。化粧水をたっぷり吸い込んだ肌は、ふっくら、イキイキとしているものです。ところが、肌にすんなり入っていく化粧水って、そんなに多くはないのです。サンプルなどで、数種類試してみて下さい。肌なじみの「違い」に気付くはずです

では、どんな化粧水が、肌にすんなり入っていくのでしょう?それは、肌の成分に近い化粧水なのだと思います。もともと、私たちの肌には、肌本来の保湿機能が備わっています。健康な肌は、何もしなくても、皮脂腺からは皮脂が、汗腺からは汗が分泌され、「皮脂膜」を作ります。角質細胞の間には、細胞同士を繋いでいる脂質、「細胞間脂質」があります。そして、細胞間脂質の間で、水分を保持して角質層に十分な水分を抱え込む役目の「NMF成分」。

年齢と共に、これらの成分は減少していきます。また色々な原因によって、不足してしまう事も・・・減少、不足した分を補う事が、プラスのスキンケアの本来の目的だと考えましょう。だから、「皮脂膜」「細胞間脂質」「NMF成分」に出来るだけ近い構造の成分を使用したスキンケアを選びたい。私は、そう思うのです。

地球のあちこちで、砂漠化現象が起こっているように、現代の女性の肌は、乾燥化傾向にあります。紫外線や、エアコンなどの肌ストレスが原因だと言います。日々、肌ストレスに負けないように、肌水分を上手に補いましょう。

よく、CMやパッケージで「有効成分○○配合」という謳い文句を目にします。だけど、いくら有効成分が配合されていても、ダメなのです。それが、肌に浸透してくれなくては意味がないのです。なので私は、プラスのスキンケアは、限りなく肌の保湿成分に近い、肌に浸透しやすい成分のものを選ぶようにしています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.