化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

その肌の色で大丈夫?

年齢よりも若く見える人がいます。逆に、年齢よりずっと老けて見える人もいます。果たして、あなたはどちらですか?そして、何が原因なのでしょう?お分かりですか?それは、色なのです。

私は、口紅の色をベージュ系の落ち着いた色に変えただけで、「疲れてるの?」と言われた事があります。それも、朝一番に。しばらく立ち直れないほど、ショックでした。

口紅の色でさえ、そう言われるのですから、顔全体を占めるファンデーションの色は、最も「印象を左右する重要な色」と言っても過言ではないと思うのです。

私は、「メイク=顔色を作る事」だと考えています。ファンデーション選びの段階で、肌の色との相性を見誤ると、いくらポイントメイクで頑張ってみても、老けた印象は払拭できません。さあ、自分の肌の色と相性の良い、ベストファンデを探しましょう。

まず、自分の肌の色に近いと思う色を、2~3色選んで、フェイスラインにのばしてみましょう。ファンデーションの色を見る時は、耳の下から顎にかけてのフェイスラインにのばします。間違っても、手の甲に試して、色合わせをしないで下さいね。顔と手の甲では、色が違うものなのです。

ファンデーションは、顔の色との相性も大切ですが、同時に首の色との相性も大事なのですよ。顔と首の色の差が、くっきりはっきりついている人を見て、違和感を感じた事はありますよね?その後、鏡で自分のフェイスラインを確認した事ありませんか?

実際、顔につけてみて迷った時は、一段階暗めの色を選ぶと上手くいくようです。デパートのカウンセラーの方たちは、いつもそういう風にアドバイスをしてくれます。

けれども、私は少し明るめのピンク系のファンデーションも持つようにしています。なぜなら、肌の色は時間が経つと、皮脂とファンデーションの油分が混じり合って、肌の明るさがなくなってくるからなのです。

なので、化粧直しの際には、自分の肌よりも少しだけ明るいピンク系ファンデーションを使うのです。ピンク系のファンデーションは、品の良い印象を与え、華やかさも加える事ができます。

リキッドファンデーションをお使いの方なら、上につけるお粉をピンク系に変えてみるか、ベースをピンク系に変えてみましょう。一日中、スッキリ明るい表情を保つ事ができますよ。出勤時と、退社時の顔の印象が違う!という事にならないように、気をつけたいものですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.