化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

合成界面活性剤入り化粧品は悪い?

「良く耳にする、合成界面活性剤って何?」「ちまたでは、有害と言われているけれども本当はどうなの?」そんな不安を抱いている方は多いのではないでしょうか?

簡単に言うと、合成界面活性剤は、混ざり合うはずのない水と油を、簡単に混ざるようにする成分です。化粧品では、乳化剤や、洗浄剤として使用され、クリーム、乳液、クレンジング、洗顔などに使用されています。

また、化粧品以外でも洗濯・台所洗剤、シャンプー、リンスにも使用されていますし、意外な事に、食品にも多く使用されているのです。マーガリン、マヨネーズ、アイスクリームなど等。

ご存知の通り、化粧品の主な原料は水と油です。この水分と油分を混ぜ合わせるものとして、合成界面活性剤は欠かせない成分と言えるのです。欠かせない成分なのに、なぜだかとても悪い物のように言われています。

今や、合成界面活性剤の種類は2000とも、3000とも言われています。その中には、危険なものから安全なものまで、刺激の強いものから弱いものまで、環境を汚染するものから心配のないものまであります。以前は、あるメーカーでも、化粧品に危険な合成界面活性剤が使われていたとの事。色素沈着したケースもある、という話は聞いた事があり「恐ろしい~!」と思ったのを覚えています。けれども、今ではほとんどの化粧品は安全なものを使用しています。

合成界面活性剤は、それ自体が悪いのではなく、使用した原料によって良し悪しが判断できるものなのです。マーガリンや、マヨネーズのように、食べられる安全性の高い界面活性剤は、たくさんあるのです。合成界面活性剤は、原料により数限りなく作る事ができる、と言っても過言ではありません。その中で、安全性が十分検討されたものなのかどうかを、きちんと見極める事が非常に大切なのです。

界面活性剤を、その原料から大きく①天然系の界面活性剤 ②合成界面活性剤 ③石油系の界面活性剤の3つに分類され。天然系の界面活性剤が安全であると、よく言われますよね。けれども、天然素材を原料とした界面活性剤でも、レシチンなどの純粋に植物から抽出もの以外は、化学的に合成されたものも多いのです。

純粋な天然の界面活性剤、レシチンだけでは、非常に作用が弱いので、水素を添加して「水添レシチン」という状態にするのです。そうなると、合成界面活性剤という事になります。

現在、化粧品に使用されている界面活性剤の多くは、基本的に安全なものです。「界面活性剤は悪」という情報を、安易に信じてしまうと、本当に自分に合った化粧品にも出会えなくなってしまいますよ。注意が必要な成分については、「主な成分表示を知ろう!」で少しご紹介していますので、ご覧下さいね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.