化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

まぶしい!ラメラメ入り日焼け止め

私は、本当に数々の失敗をしてきました。こと、化粧品に関しては、チャレンジし続けてきたせいか、恥ずかしくなる失敗ばかりです。こうして書きながら、改めておバカな失敗もしてきたなと感じています。

そのひとつが「ラメラメ入りの日焼け止め」。これは、私の失敗の中でも、割と最近の出来事です。

今ではラメは、色々なアイテムに使用されるようになり、粒子の細かさも大きいものから、小さいものまで多種多様となっています。芸能人が、ラメ入りメイクや、ラメラメボディでテレビに登場することも多くなり、一般でも若い女性を中心に、使用する方が多くなってきました。けれども、私は、好んで使用しようとは思っていませんでした。

確か、私が購入した日焼け止めは「夏に輝く肌を・・・」というようなキャッチコピーだったのではないでしょうか?!キャッチコピーだけ見て、商品説明を良く読みもせずに、日焼け止めを購入してしまいました。

まさか、キラキララメラメの肌になるなんて、思ってもいません。日差しでお疲れ気味の肌が、「輝く肌」になってくれることを願い、友人との約束のためにメイクをしていました。鏡の前で、日焼け止めをぬり、メイクをした時には、いつもと全く変わりありませんでした。

けれども、ひとたび夏の強い日差しを浴びると、それまでおとなしかったラメラメ達が、一気に主張し始めたのです。「キラキラキラ」と。

そうなっているとは、全く知らない私は、待ち合わせの場所で女友達3人が、何をそんなに驚いているのか理解できませんでした。友人たちは、口々に「どうしたの?」「若いねー!」「何かあった?」と、私の顔を覗きながら聞くのです。私はキツネにつままれたように、きょとんとするより仕方ありませんでした。「すごくキラキラでまぶしいよ!」と教えられた私は、すぐに手鏡を出して、覗いてみました。

もう、穴があったら入りたいとは、この事です。「何なの、このラメラメはー!」私が一番驚いてしまいました。このラメラメ顔で、近所も歩いたし、電車にも乗ってきたのに。今すぐ帰りたい。そう思うくらいショックでした。

その日1日、友人とショッピングをしても、ランチをしても、楽しいどころの話ではありません。やはり、パッケージの説明はきちんと読むべきだと改めて思い知らされた出来事でした。私のような、恥ずかしい思いをしないためにも、化粧品のパッケージ、容器の裏の説明は、くれぐれもよーく読みましょうね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.