化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

もう悩まない、惑わされない

「中高生のメイク」が当たり前の昨今。キッズコスメの種類の多さに驚かされるのは、私だけでしょうか?「キッズ用の美白化粧品なんて・・・」とため息が出てしまいます。

子供の皮膚も、バリア機能もまだまだ未完成。子供用のメイクや美白は、これから美しい花を咲かせようとしている若芽を、いじめているようなものです。

私のメイクデビューは、大学入学の18歳の時です。当時の私は、メイク記事を読みふけり、シーズン毎に口紅や、マニキュアの新色を買いあさっていました。また、女子大生必須アイテムと言われた、高いスキンケアを、次々に購入しては満足していました。

高いお金をかけていたにもかかわらず、自分の肌に合っているのかどうかさえも分かりませんでした。いわゆる化粧品難民です。その一方で、夜メイクを落とし、洗顔後に化粧水をパタパタと叩くだけで寝てしまう!なんて事を平気でやっていました。時には、メイクも落とさずに寝ることも・・・なんて恐ろしいことをしていたのでしょう。メイクデビューがもっと早かったら、と思うと身震いがします。

そしてあの頃、もう少し自分の肌の声を聞いていればと、思わずにはいられません。そうすれば、もっと早く「MYコスメ」に出会えていたかもしれない、そう思うのです。

数々の失敗談から学んだ、そんな私の想い、分かって頂けたでしょうか?コスメ初心者の方も、コスメ上級者の方も、納得できる楽しいコスメライフを送って欲しいと願っています。

メディアの声に踊らされたり、イメージに惑わされたりしないで、自分で納得できるコスメを選び取って欲しい。1人でも多くの女性に、自分で判断できる目を持って欲しいと願っています。まず、自分の肌ありき!です。

本当に自分に合う化粧品を見つけるという事は、自分なりの判断基準、判断する目を持つ事なのです。自分が心地良い毎日を送るために。

私は最近、子供の言葉によって、スキンケアの効果を実感する時があります。寝る前、私の顔をムニュムニュと触りながら、子供が「ママのほっぺ、スベスベで気持ちいい。」と言います。私が選んだスキンケアは間違っていなかったのだと、嬉しくなる瞬間です。

これからも、年齢と共に、選ぶ化粧品も変わってくるでしょうが、もう悩んだり、惑わされたりする事はないでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.