化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

低刺激

皮膚刺激の原因と考えられている物質を、可能な限り排除し、肌に負担をかけない!刺激を与えない!という考え方です。「無添加」と同時に使われる事が多いようです。

「アレルギー反応を起こす疑いのある成分は配合していません。」という無添加化粧品=低刺激性化粧品ともいえるのではないしょうか。皮膚表面が乾燥しバリア機能が衰えていくと、外からの刺激から肌を守ったり、水分の蒸発を防ぐ事ができなくなってきます。そのために、肌が外からの刺激をダイレクトに受けてる事となり、トラブルが起こりやすくなります。そんなデリケートな肌のための、低刺激性化粧品なのです。

大切なのは、シンプルな事。不要になったものを取り去り、必要なものだけを与える事です。取りすぎず、与えすぎない事なのです。色々な機能を兼ね備えた化粧品は、当然、処方も複雑となり、配合成分も多くなるものです。

敏感肌の方、バリア機能が衰えているかな?という方は、シンプルな機能の化粧品で、洗浄・保護・保湿を心がける事。それが低刺激といえるでしょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.