化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

パッティング

化粧水を手のひらやコットンに含ませて、ゆっくり優しく浸透させる事です。手でつけると、どうしても手早く簡単に済ませてしまいがちなので、コットンを使用する事をオススメします。

コットンにたっぷりのローションを浸して、時間をかけてパッティングする事で、ローションが肌にきちんと浸透していくという効果が期待できます。 また、手先は雑菌がつきやすいので、コットンを使えば清潔な状態でパッティングできるのです。コットンだと、顔の細かい部分までしっかりつける事ができます。目頭や目尻、小鼻のワキなど顔のすみずみまで丁寧にパッティングできます。

コットンでお手入れしている肌は、うるおいを効率よく均一に塗布する事ができ、肌のキメが整いやすいのです。コットンでのパッティングをオススメしましたが、使用量や使い方を間違えると逆効果になる事も・・・ コットンに浸すローションの量が少ないと、うるおいが行き届かないだけでなく、コットンが十分に湿っていないために摩擦が生じてしまいます。これではせっかくコットンを使っても肌を傷めてしまうだけです。コットンには、たっぷりローションを含ませて、やさしくなじませていくようにお手入れしましょう。

ひととおりなじませたら、ひんやりするまでパッティング。パッティング後は、肌の乾燥が気になる部分にコットンパックをすると、さらに浸透が高まり、ふっくらした肌へと整えてくれます。乾燥や小ジワなどキメが乱れている部分にオススメです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.