化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

無香料

無香料というと無臭だと思っている方が多いようです。無香料とは、香料が配合されていないという意味です。無臭という訳ではありません。

従来、化粧品にとって香料とは、原料本来の匂い(原料臭)を覆い隠して、それぞれの商品に合った心地よい香りに変えるマスキング効果や、防腐効果などがありました。使用感を良くするためにも、商品の付加価値を高めるためにも、大切な役割を持っていたのです。

けれども、香料によるお肌のトラブルが知られるようになり、「香料=肌への刺激物」という考え方が浸透してきたためでしょうか、アレルギーを起こす物質は少しの刺激でも避けようと、無香料の化粧品を選ぶ方が多くなったような気がします。

また、最近では好みとして無香料を選ぶ方も多くなったようです。他の香り(フレグランスなど)を楽しむために、化粧品やヘアケア商品は無香料!という若い方も多くなっています。精製技術も進歩して、原料臭もそれ程きつくなくなり、技術的にも無香料化しやすい条件が揃ってきたとも言えるようです。

けれども、ただ単に「無香料=安心」というイメージに踊らされてはいけませんよ。「無香料」表示で人気がある化粧品でも、成分表示をよ~く見ると、香料の名前があったりするものです。見極める目を持つ事が大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.