化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

無添加

化粧品のパッケージの「無添加」の文字。なんとなく、「無添加=肌にやさしい、環境にやさしい化粧品」、というイメージがあるのではないでしょうか。

肌に良いとか、優しいというのは知っていても、はっきりとした定義を知らない方は多いのではないでしょうか?無添加という呼び方は、昔の制度の名残なのです。

2001年3月までは、化粧品の配合成分の全部を表示する義務はありませんでした。 厚生省で定められていた、アレルギー反応を起こす疑いのある成分102種類だけは、「箱やビンに成分を表示しなさい」と決められていたのです。これらの成分を「指定成分」と呼んでいました。 それらの、指定成分が入っていないものを「無添加化粧品」と呼んでいたのです。

現在は、海外の全成分表示という国が多くなっているのを受けて、2001年からは、指定成分の枠組みはなくなりました。指定成分に変わって、全成分表示が義務化されたために、無添加という分類もあいまいになってきたのです。今では、「無添加化粧品」の判断は各メーカーに委ねられているのが現状なのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.