化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コウジ酸

コウジ酸は、味噌や醤油を製造する際に使われる「麹菌」を培養して作られた美白成分です。味噌や醤油を作る職人さんの手が白く美しいという理由から、コウジ酸の美白効果が研究されるようになりました。

コウジ酸は、シミのもととなるメラニン色素を作り出すチシロナーゼの働きを抑制する働きがあり、紫外線を浴びた時にもメラニンを作らせず、現在存在するシミも体外に排出してくれるという成分なのです。

コウジ酸は、1988年に医薬部外品の成分として、当時の厚生省より承認を受けました。けれどもコウジ酸の発ガン性の疑いが懸念され、2003年3月から追加試験を実施し、結果が出るまで、製造を見合わせるよう指示を受けていました。当時、美白成分として一躍脚光を浴びていたコウジ酸なのですが、一斉にコウジ酸配合の化粧品は店頭から消えてしまったのです。

2005年11月、コウジ酸配合化粧品の製造一時中止の指示が解除されて、再び化粧品への配合が許可されたのでした。

コウジ酸は美白成分としては、ハイドロキノン程の即効性はなく、ゆっくりと効果を発揮します。その分、刺激も少なく、副作用はほとんどありません。ハイドロキノンでアレルギー反応が出てしまった人に、シミ治療薬としてコウジ酸クリームが処方される事もあるくらいなのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.