化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

チロシナーゼ

メラニン色素をつくり出す、メラノサイトだけが持っている酸化酵素の事を「チロシナーゼ」といいます。

生まれたばかりのメラニンは、チロシンというアミノ酸の一種です。そこへ紫外線を浴びると、チロシナーゼという酵素が働き、黒色メラニン(コウメラニン)に変化していくのです。このチロシナーゼという酵素を抑制する事によって、黒色メラニンを防ぐことができるのです。そのため、現在ほとんどの美白コスメは、このチロシナーゼ抑制に焦点を当てて機能するように設計されています。

メラニンを生成するチロシナーゼに直接作用する強力な美白成分としては、ハイドロキノンがあり、「究極の美白成分」とも呼ばれています。チロシナーゼの作用は、紫外線の他にも、ストレスやアレルギー、睡眠不足や過労、妊娠や老化などで活性化し、過剰にメラニンを作っては、シミを作り出してしまう事もあります。

また、チロシナーゼは年齢とも関係があり、年と共に減少します。メラニン色素と関係の深い髪の色が、年齢と共に白髪になっていく事からもわかります。このため、年齢があがれば白髪になるということもうなずけるはずですね。

メラニン色素の元となるチロシンがチロシナーゼによって変化した成分のことをドーパといい、このドーパはもともと全くの無色なのですが、ドーパがその後メラニン色素に変化すると色が付き、その色が肌にしみやそばかすをもたらす原因になるといわれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.