化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ビタミンC誘導体

ビタミンCそのままでは、空気にふれると酸化しやすく、とても不安定。そこで、ビタミンCを安定化させたのが、ビタミンC誘導体。皮膚に吸収されやすく、より長く皮膚内にとどまるように改良された成分なのです。皮膚内部に取り込まれてからビタミンCに変化し、直接細胞に働きかけます。

ビタミンC誘導体は、美白効果のある成分として定番となっています。シミ・クスミが消えた、ニキビが消えた、キメが整う、肌がツヤツヤしてくる、やわらかくなる、毛穴やシワが目立たなくなるなど肌質そのものを良くし、ターンオーバを正常化するなど、ビタミンC誘導体の効果が、皮膚専門医の研究で明らかになってきています。

コラーゲン分解酵素を抑える効果に優れ、美白成分としてメラニン色素の沈着を抑制してシミを防ぎます。また、コラーゲンの生成を促しシワやたるみを防ぎます。さらには、皮脂分泌を抑えて、ニキビを改善するなどの効果が期待されているのです。

ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性の2種類があります。水溶性のタイプは、数時間後をピークに急速に吸収され、脂溶性タイプは持続的にゆっくりと吸収されます。一般的に、水溶性よりも脂溶性ビタミンC誘導体の方が、肌への浸透率も高く、持続性も高いと言われています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.