化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

肌老化

肌老化の原因は、大きく4つに分ける事ができます。「光老化」、「細胞の酸化」、「皮膚の乾燥」、「皮膚の菲薄化」です。その中でも、紫外線による「光老化」は、肌に最も悪い影響を及ぼす原因となっています。長年浴び続けた紫外線は、シミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまうのです。

「細胞の酸化」は、年齢と共に肌の細胞が酸化・ダメージを受けていく事。金属や食べ物・油などが、長時間空気にさらされ、酸化しダメージを受けるのと同じ事なのです。これは、私達の体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできた「活性酸素」が原因です。活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させます。皮膚が酸化すると細胞にダメージを与え、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力が損なわれてしまうのです。

「皮膚の乾燥」は、角質の潤いを保つ、大切な「天然の保湿成分」が、20歳をピークに減少していくのが主な原因です。その成分とは「天然保湿因子(NMF)」「角質細胞間脂質」「皮脂」の3つです。

「皮膚の菲薄化」も、加齢の影響です。年齢とともに弾力の元となる、真皮のコラーゲンやエラスチンの量が減少し、肌細胞を作り出す力も衰え、表皮が薄くなっていくのです。けれども、同じ年齢でも肌老化は、日頃の習慣や、肌のケアで随分個人差でてくるものです。日々の心がけが大切なのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.