化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

レチノール

レチノールとは、ビタミンAの1種です。狭い意味で、ビタミンAそのものと同じ意味で使われる場合もあります。シワやたるみを防ぐ物質として、アンチエイジングの有効成分として、数年前から脚光をあびています。

ビタミンAが不足すると、皮膚細胞の角質化不全が起こり、乾燥肌に。皮膚細胞の抵抗力が弱まり細菌感染を起こしやすく、ニキビなどが増えてきます。ただひとつ、レチノールには弱点があります。化学的に不安定なのです。紫外線や酸素、水によって構造変化が生じて、効果が低下してしまうのです。

レチノールを化粧品に使うには、機密性の高い容器に閉じ込めたり、乳濁液のエマルションにしたり、カプセル化して安定化させ、空気や紫外線に触れないようにする必要があります。化粧品によって、外側からレチノールを補う事も必要ですが、食物から摂取する事も肌には大切な事です。

体内のレチノール不足も、肌に対して有害な影響をもたらすのです。例えば、肌のきめが粗くなり、乾燥したり、角質増殖症になったり・・・。レチノールつまり、ビタミンAを摂るには、β-カロテンを多く含む緑黄色野菜を意識して食べる事です。例えばニンジン、ピーマン、ホウレンソウ、コマツナ、カボチャなどを摂る事を心がけましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.