化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

基底層

表皮のいちばん深い部分で、真皮との境目にあたる部分を「基底層」といいます。この基底層は、血液から栄養分と酸素を吸収し、新しい表皮細胞を生み出すところです。肌細胞の工場と考えてくださいね。角質細胞も、ここで生まれ、約28日間かけて、角質層の一番上に辿り着いて、自然にはがれ落ちていくのです。

その基底層は強い膜のようなものでできていて、真皮を守る働きもあります。また、基底層にはメラノサイトもあり、ここでメラニン色素が作られています。メラニン色素は紫外線などが真皮に届かないようにガードする役割を持っています。これは、真皮に紫外線が届かないよう、黒カーテンを引いて、ブロックしているようなものです。

上に向かっては、ターンオーバーサイクルのスタート地点として、細胞を作り出し、下に向かっては、頑丈な膜や、メラニン色素で真皮を守っているのです。働き者!

けれども、この基底層、年齢とともに働きが弱くなってきます。メラニン色素が、ガードできなくなり、真皮に届く場合も出てきます。届いた分は当然シミとなってしまうのです。これが、年齢を重ねると、紫外線を浴びて、シミができやすくなる一因となっているです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.