化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

細胞間脂質(セラミド)

細胞間脂質は、角質層の細胞と細胞の間を埋める脂質、つまり油です。ご存知のように、角質層には角質細胞と細胞間脂質(セラミド)があります。その角質細胞同士が剥がれないよう接着剤のような働きをしているのが、細胞間脂質なのです。

この細胞間脂質は、もうひとつ重要な役割として、水分を保持して逃がさないという役目も持っています。細胞間脂質はその構造の中に、水になじみやすい部分と油になじみやすい部分の両方を持っています。水になじみやすい部分に、水を抱えこんで逃がさないようにしているのです。

また、肌のバリアー機能としての役目もあります。皮膚の外側から、異物(紫外線・アレルギー物質・ホコリなど)が体内へ侵入するを防いでくれるのです。異物が侵入すると、皮膚内のコラーゲンやエラスチンなどの破壊・減少が起こり、皮膚の老化へと繋がってしまいます。バリア機能も低下し、外部刺激を受けやすくなって、様々な肌トラブルを引き起こす原因となるのです。

乾燥して敏感肌に傾いた肌は、細胞間脂質が不足し、バリア機能も低下した状態になりがち。細胞間脂質を補い、バリア機能を整える必要があります。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.