化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コラーゲン

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨、目、髪などを構成するたんぱく質の一種です。主にそれらの細胞をつなぎとめる働きをしています。

たんぱく質は、多くの食品にも含まれる栄養素として、誰もが知っているものですが、そのたんぱく質はアミノ酸が多数結合してできたものです。「コラーゲン=たんぱく質=アミノ酸が多数結合したもの」なのです。

約10万種ある生体内のたんぱく質の内、約30%はコラーゲンが占めています。人間の身体にとって大きな存在である事がわかりますね。

皮ふが老化する最大の原因は、「コラーゲンの新陳代謝の衰え」といわれています。コラーゲンの新陳代謝が衰えるとコラーゲンが古くなって、柔軟性がなくなり、水分を保つ場所も狭くなってきます。結果として、保湿力の低下、皮膚がカサカサになる、光沢・つや・なめらかさが失われるのです。

コラーゲンは肉や魚の皮や骨、軟骨などに多く含まれています。食べにくい部位ですが、豚骨ラーメンや皮つきの鶏の唐揚げ、軟骨つきのスペアリブ、カレイなどの魚を煮たときにできる煮こごり、なまこの酢の物などから豊富にとる事ができます。

コラーゲンをとる時のポイントは、ビタミンC。ビタミンCはコラーゲンを体内で合成する時に必要なのです。コラーゲンと合わせて取ると、より効果的なのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.