化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

ヒアルロン酸

保水力に優れるヒアルロン酸は、今や化粧水や美容液をはじめ、多くの化粧品に使われています。口コミサイトでも、常に上位にランクインされている、ヒアルロン酸配合の化粧水もありますよね。 「超ヒアルロン酸」というものもあります。

赤ちゃんの肌がみずみずしく、プリプリなのは、ヒアルロン酸をたっぷり含んでいるからなのです。そう考えれば、ヒアルロン酸化粧品の人気があるのも、なるほど理解できます。

ヒアルロン酸は、あなたの体内の色々なところに存在しています。特に高濃度と言われているのが、へその緒(臍帯)、関節液、目の硝子体、皮膚などです。表皮の下の真皮には、ヒアルロン酸がたくさん含まれています。細胞と細胞の間で水分を取り込み、クッションのような役割をしているのです。

けれども、このヒアルロン酸濃度、悲しいかな、40歳後半から加齢とともに減少してしまうのです。 真皮でのヒアルロン酸が減少すると、どうなるのでしょう?肌の張りがなくなり、皮膚の表面も乾燥して、乾燥肌やしわ、シミの原因になるのです。最近では、化粧品だけでなく、「飲むヒアルロン酸」とか、目尻、眉間のしわを浅くする「ヒアルロン酸注射」などもあり、話題を呼んでいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.