化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

くすみ

「くすみ」20代後半を過ぎると、女性の多くがこのくすみに悩んでいます。「顔色が冴えない」「目の下が黒ずんで見える」「血色が悪そう」「ツヤや透明感がない」という状態です。

肌がくすんでいると、全体的に疲れた印象を与えてしまい、実年齢よりも老けて見えてしまいます。ファンデーションの色もきれいに出ないし、口紅のきれいな色も映えません。

くすみの大きな原因は、疲労やストレスによって、顔の血液やリンパの循環が悪くなる事。そして、新陳代謝の悪化によって角質が厚くなる(角質肥厚)事です。

加齢によって、皮膚表面の毛細血管が萎縮・疲労し、ストレスによって血流が減少すると、ヘモグロビンの血中濃度が減少します。すると肌の健康的な赤みが少なくなり、青黒く、くすんで見えるのです。

また、この血行不良は、肌の新陳代謝の遅れをも招きます。新陳代謝が悪くなると、肌のターンオーバーが上手く機能せず、角質肥厚を起こしてしまうのです。角質肥厚を起こすと、肌のトーンは暗くなってしまいます。厚くなった角質は、ツヤや透明感を失い、さらに汚れた皮脂、汗などの老廃物が溜まりやすくなるので、肌がくすんで見えるという悪循環です。

くすみを取り除くには、十分な睡眠を取り、たんぱく質やビタミンCの多い食事を取る事。くすみに効果のある「カロチノイド」を取る事。筋肉に沿って優しくマッサージする事を心がけましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.