化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

クマ

なんだか、目の下がうっすら黒い。「調子悪いの?」なんて聞かれてしまう・・・その原因は、目の下のクマ。悩んでいる人は、結構多いのです。 目の下のクマは大きく分けて2種類あります。

ひとつは、目元の色素沈着によってできる、「茶クマ」。目の周り全体、または目の下の眼窩(がんか)の骨周辺がくすんだ黒っぽい感じになっているものです。乾燥、紫外線によってメラニン色素が沈着したり、ゴシゴシ擦ったりする、物理的な刺激からくる皮膚の黒化が原因なのです。

もうひとつは、目の周りの血行不良による「青クマ」。 目の周りの皮膚は非常に薄く、細い静脈が密集して集まっているため、うっ血しがちです。なので、リンパの流れも滞りやすい部分なのです。仕事で目を酷使したり、睡眠不足が続くと、うっ血が起こりやすくなります。そして、うっ血した血液が透けて青黒いクマとして見えてしまうのです。

このタイプは、睡眠不足、目の疲れ、ストレス、冷え性など、血行不良の原因を取り除けば、改善できるクマです。また、喫煙のよっても毛細血管は収縮し、血行不良を起こしがち。喫煙家で睡眠不足が続く時は、煙草を控えるといいでしょう。

 茶クマは、乾燥を防ぐ事と物理的な刺激を避けることが大切です。血行不良による青クマの場合は、血行不良を改善するために十分に睡眠をとり、疲れを取り除くことが重要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.