化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

コメド(面皰)

毛穴が角栓で詰まり、そこに皮脂がたまった状態をコメドといいます。アクネ菌が繁殖すると、炎症を起こしニキビとなります。コメドは、ニキビの原因となるものです。

コメドは表面からは見えませんが、皮膚の内部で発生しています。皮膚が脂性になってくる事により、毛穴の中にその脂性のものが、たまっていき黄白色の脂の塊ができるのです。ニキビの第1段階のコメドは、大きく3種類に分類されます。

①「微細コメド」コメドは皮膚の内部で発生している状態で、表面からは見えません。直径1ミリ以下で角化が見られる状態ですので、肉眼では見つけられません。

②「黒コメド」毛穴の中に詰まった皮脂の塊の先端が外気に触れ、黒くなっているもので、鼻やその周辺に多く見られます。開放コメドとも黒ニキビと言います。

③「白コメド」閉鎖コメドと言い、毛穴の中に詰まった皮脂の塊が先端部分で閉じているので、白色で丘状に盛り上がっているように見えます。一般的に白ニキビとも言います。盛り上がった部分を、パック剤で吸引したり、押し出して取り除く事は危険です。悪化させる事にもなりかねません。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.