化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

サンタン

皮膚が「褐色に色づいた状態」であまり痛みがない日焼けの事です。

サンタンは、紫外線によってメラノサイト(色素細胞)の数が増え、メラニンが過剰に生成されるのが原因なのです。増えたメラニンはターンオーバーによって、皮膚の外に排出されると、元の色に戻ります。

サンタンは、主にUV-Aが原因となって起こります。UV-Aを浴びると、炎症を伴う事はありませんが、真皮の深部まで到達して、弾性繊維を変質させ、ハリを失わせてしまいます。それが、シワやたるみの原因となり、肌老化を促進させてしまうのです。

一時期、小麦色に焼けた肌がファッションのひとつとなっていた頃がありましたね。おしゃれのために、皮膚に余計な傷害を与えていたのです。恐ろしい事です。

日焼けの最も恐ろしい危険性は、皮膚ガンのリスクが増加する事です。紫外線は細胞レベルでDNA損傷を引き起こすのです。紫外線の量は、3月頃から徐々に増え始め、7月にピークを迎えます。この期間は、徹底的に肌をガードする事が大切です。最近の地球環境の悪化を考えると、できれば1年中日焼け止めを心がける方が良さそうです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.