化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

紫外線

太陽光線は、大きく3つに分けられます。紫外線、赤外線、可視光線です。このうち紫外線は、地球に到達する太陽光線の中で、波長が短くエネルギーの高い光線の事です。光のスペクトルで、紫よりも外側になるので、こう呼ばれています。

また、英語の「Ultraviolet」からUVと略されています。紫外線は皮膚でビタミンDを合成したり、新陳代謝や皮膚抵抗力を促進させる働きがあります。

けれども最近では、そのエネルギーの高さと、地球環境の悪化から、有害な影響の方がクローズアップされています。紫外線は、さらにUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。

 このうち、UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。地表に到達する紫外線の99%がUV-Aと言われています。

紫外線を予防するためは、紫外線に当たらない事が一番なのですが、そうもいきません。食事やサプリメント等でビタミンCを摂取し、紫外線に当たった後、適切な対策が大切です。今後、オゾン層の破壊が進行すると、地上に到達する紫外線の量も増えてしまいます。日焼け止め化粧品や日傘、帽子、サングラス等を活用して、紫外線を浴びないよう工夫する事が大切ですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.