化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

紫外線吸収剤

日焼け止め効果のある成分には、大きく分けると、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する化学物質の事です。紫外線を吸収する際に、熱や、赤外線などのエネルギーに変化させて、放出するのです。そうする事によって、紫外線が皮膚へ浸透するのを防ぐのです。その効果は高く、日焼け止めクリームや、夏用のファンデーションに配合されています。

肌が紫外線を浴びると、シミやそばかす、肌老化の原因にもなります。ひどい場合には皮膚ガンをも、引き起こす事が知られています。紫外線吸収剤は有害な紫外線を拡散し、防御してくれる頼もしい存在なのですが、肌を痛めてしまう事も多々あります。肌の上で化学変化を起こすため、肌に対して刺激になる事も・・・そして気付かぬうちに、炎症を起こしてしまっている事もあるのです。

特に長時間使用、連続使用、毎日使用の方は、要注意です。クレンジングも、念入りに行いましょうね。肌に残っていると、酸化の原因となり、角質を傷める事もあります。紫外線対策の強い味方「紫外線吸収剤」ですが、使用には注意も必要です。特に敏感肌の方は、必ずパッチテストが必要ですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.