化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

SPF

SPFとは「Sun Protection Factor」の略号で、「太陽防止指数」という意味です。日やけ止めクリームを選ぶ際の、紫外線防止効果の目安となる数値です。紫外線の中でも、UV-Bの防止効果を表します。サンバーン起こすという、あのUV-Bです。

平均的な日本人の肌が、夏の日差しにあたって20分で赤くなるとします。その20分間赤くならないように防止する指数がSPF1です。数値が大きい方が、UV-Bの防止効果は高くなります。

けれども、SPF50程度あれば、強い紫外線や紫外線に過敏な人であってもUV-Bによる炎症を防止できると考えられるため、効果がSPF50より高い場合には、SPF50+という表示になります。

SPF値が一桁のものは、日焼け防止効果はあまり期待できませんが、じっくりきれいに日焼けする目的で使用されます。日常的な買い物や洗濯程度であれば、SPF10程度で十分。長時間屋外にいる場合には、SPF30以上のものが良いでしょう。

紫外線防御率には、肌質によって個人差があり、SPF値が高くても数時間おきに塗り直す事をオススメします。なお、SPF測定法については、EU諸国や南アフリカ共和国と共通した測定法によって測定されています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.