化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

UV-A

地表に到達する紫外線の内、99%がUV-Aです。紫外線の中でも、波長の一番長い光線で、雲や窓ガラスも通過します。朝夕でも、曇り空でも、UV-Aは容赦なく降り注いでいまるのです。

UV-Aは、UV-Bによって作られたメラニン色素を酸化させて、褐色に変化させてしまいます。日焼けサロンで、肌を焼く時に使われている光線がこれです。一般的に、UV-Aは危険性が小さいと言われているのですが、皮膚の真皮層に作用して、肌老化、DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に悪影響を与えてしまうので、あなどれません

UV-Aは、サンバーンを引き起こす事はありません。けれども、UV-Bより深く皮膚の中に浸透するのが特徴です。太陽が最も高くなる5月に1番多くなります。最も少ない冬の時期でも、UV-A量は最も高い時期の2分の1にしかならないため、年間を通して紫外線対策をする方が安心です。

UV-Aの日焼け止めの効果を表すのは、「PA」。+の数が多くなるほど、日焼け止め効果も高くなるのです。最近では、紫外線カットの衣類、窓ガラスなども発売されています。賢く活用して、紫外線によるダメージを最小限に食い止めたいものですね。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.