化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

炎症性色素沈着

化粧品、日用家庭品、植物、金属、アレルギーなどが原因で、皮膚炎を起こした後、発生した色素沈着(シミ)の事です。刺激による炎症で、色素細胞が刺激されて、メラニンが増加するためにできてしまうのです。

例えば、紫外線やニキビ痕、怪我のキズあとなどです。また他にも、虫刺されのあと、ムダ毛の処理、薬、香水、化粧かぶれ、やけどなども炎症後、色素沈着を招く事があります。特に、肌に合わない化粧品を使い続けると、炎症期間を長くしてしまいます。

また、ムダ毛を抜いて炎症してしまった毛穴は、黒ずんだ炎症性色素沈着を引き起こす事もありるので、要注意!さらには、シミ取りのレーザー治療後に炎症性色素沈着となってしまう例も・・・

炎症性色素沈着は、皮膚がもともと弱く過敏だったり、アトピー体質の方、疲れやすい方にできやすいと言われています。老人性色素斑と同様、始めは薄い茶色ですが、紫外線を受けるとより濃くなっていきます。時間がたてば消える事もありますが、炎症期間が長くなったり、炎症度合いが重いものだと、メラニン色素が肌の表面だけでなく真皮にまで定着してしまい、消えずに残る事もあるのです。

顔だけでなく、腕や背中など全身にできる可能性のあるシミです。

炎症後色素沈着の対処には、炎症をおさえて炎症期間を短くする事が大切です。炎症が残っていると、治療の効果が期待できず、症状を悪化させてしまう事もあります。そして特に、炎症性色素沈着で大切な事は、やっぱり紫外線を防ぐ事なのです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.