化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

肝斑(かんぱん)

今話題のシミです。サプリメントを飲んで消えるという、あのシミ。

テレビCMで観るまでは、それ程認知度されていなかったシミの名前です。頬骨に沿って左右対称にできる、薄くぼやけたようなシミなのです。点ではなく面で広がっているのが 特徴。30~40歳代の女性に1番多く発症し、男性にはほとんど現れないのも特徴のひとつです。

妊娠期や更年期に発症したり、経口避妊薬(ピル)が発症を促したり、症状を悪化させたりする事から、肝斑には女性ホルモンが大きく影響していると考えられています。

また肝斑は、ストレスが発症の原因でもあります。ストレスとホルモンの関係も非常に深いので、あたりまえかもしれません。ストレスによってシミができ、シミができたというストレスが、さらに肝斑を悪化させる!という悪循環なのです。

シミ治療法のひとつで、最近一般的になってきたレーザー治療。肝斑にはかえって、悪化させる事があると言われています。要注意ですね。高額の治療を施して、シミが濃くなってはたまったものではありません。同じシミでも原因が違えば治療も異なるのは当然です。レーザー治療の際は、まずシミの種類を見極める事が大切です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.