化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

脂漏性角化症(老人性疣贅)

中年以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。老人性疣贅ともとも呼ばれます。

高齢者に多く見られる、皮膚の老化現象のひとつといえます。遺伝的な要素や、紫外線による露出部の皮膚の老化が、原因と考えられます。手のひらと足の裏以外、全身どこにでも発生します。とくに多いのは、顔面、頭部、前胸部、背部です。

色は褐色調ですが、健康な皮膚に近い黄褐色のものから黒褐色のものまでさまざまです。大きさは数mmから2~3cmくらいで、扁平なもの、わずかに盛り上がるものや、突出したしこりになるものまであります。表面はざらついている事が多く、汚れた毛穴のように、黒い点々が見られる事もあります。普通は、見た目で診断できますが、悪性腫瘍などの可能性が考えられる場合には、組織を一部採取して検査する事もあります。

あまり外見を気にしない高齢者に多い事や、良性腫瘍である事から、これらの多くは従来、治療される事は多くありませんでした。けれども最近は、高齢者であっても、特に見た目の理由から、治療を希望する人が多くなっているようです。

治療法としては、凍結療法、レーザー治療、電気外科的治療などがあります。凍結療法は、他の治療法と違って麻酔を必要とせず、簡単なためによく行われます。治療を希望される方は、皮膚科専門医の受診をオススメします。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.