化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

老人性色素斑

一般に「シミ」と呼ばれる症状の中で、最も多いと言われているものです。20歳代で老人性色素斑(日光黒子)を持つ女性も少なくありません。

原因としては、長い期間繰り返して、日光に当たった事だと考えられますが、それ以外の要素も関与しているようです。老人性色素斑は、男女共に見られ、30歳過ぎから50歳位で顕著になってきます。 加齢と共に増加する事が多いようです。

日光に当たりやすい、顔面、手の甲、前腕などに見られますが、胸部、背部といった所にも発生する事があります。 雀卵斑のように小型の褐色斑だったり、2~3cmの大型だったり、あるいは白斑と色素斑が混在する場合もあります。また、脂漏性角化症が同時に認められる事もあります。

光老化によって、メラノサイトが活性化されてメラニンが過剰に生産される状態になります。また、メラニンの分解・消化能力も低下するために、メラニン色素が沈着してしまうのです。悪性化する事はありません。美白剤のみの治療法では、時間をかけたとしても、ある程度色素斑を薄くする事ができるだけで、完全に除去する事は難しいようです。

老人性色素斑を除去するためには、レーザー治療、プラス美白剤の併用が最も効果的と考えられています。当然、治療中、治療後の紫外線対策は必須ですよ。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.