化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アロマテラピー

アロマは「芳香」、テラピーは「療法」という意味を持ち、アロマテラピーとは「芳香療法」の事をいいます。

Aromatherapy」をフランス語読みすると「アロマテラピー」、英語読みすると「アロマセラピー」と読みます。

最初に精油(エッセンシャルオイル)を用いた自然療法を「アロマテラピー」と名付けたのは、フランス人化学者のルネ・モーリス・ガットフォセ氏、そして彼の弟子のマルグリット・モーリー女史が現在行われているマッサージを取り入れ、イギリスで普及させたのが「アロマセラピー」と言われています。

アロマセラピーの精油は、2通りの経路で心身に働きかけます。ひとつは嗅覚を通して、もうひとつは皮膚や粘膜を通して血流に乗り体内に入る経路です。精油の穏やかな香りによって得られる安心感・覚醒感・緊張感・瞑想感などが、心身のバランスを正常に促す事が期待されています。

現在では、お香やフレグランス・キャンドル、加湿器なども含め、生活に自然の穏やかな香りを取り入れる事によって、ストレスを解消したり心身をリラックスさせる事も、広い意味でのアロマテラピーと呼ばれています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.