化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

医薬部外品

化粧品と医薬部外品との大きな違いは、人の体に対する有効成分の効能効果です。また、化粧品は美化・清潔などを目的としているのに対して、医薬部外品は主に予防を目的としています。 ここが大きな違いなのです。

医薬部外品は、人体に対するおだやかな効果が認められ、効能・効果を謳う事ができます。効能効果については、表示できる範囲が細かく決められています。

これに対して、化粧品は皮膚・毛髪をすこやかに保つ事を目的としているので、効能・効果は表現できません。 医薬品と違う点は、治療ではなく、予防や皮膚などを清潔に保つ事が目的だという事です。

日本の薬事法では、医薬品と化粧品の中間的な位置に分類されています。化粧品と違う点は、全成分表示の義務はないところです。指定成分の表示だけが義務付けられているのです。化粧品類で良く目にするところでは、ニキビ、肌荒れ、かぶれ、美白、アンチエイジングなどを謳った医薬部外品があります。

化粧品類の他にも、パーマ液、浴用剤 、脱毛・育毛または除毛 、ひび、あかぎれ、あせも、滋養強壮、虚弱体質の改善及び栄養補給剤などたくさんあります。医薬部外品という概念は、日本や韓国などの一部の国にだけあるもので、欧米ではそのような概念はないのが特徴です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.