化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

界面活性剤

界面活性剤は、水と油の仲を取り持つ働きをします。界面活性剤には、洗浄作用・起泡作用・乳化作用・保湿作用など多くの作用があり、化粧品では、洗顔などに使われる洗浄作用、泡を立たせる起泡作用、クリームやクレンジング剤の乳化作用をよく目にします。

例えば、水と油の2層に分かれたドレッシングを良く振ると、水と油が混ざり合います。この状態を乳化といいます。そして、ここに界面活性剤を使用すると、乳化の状態を長時間維持させる事ができるのです。

界面活性剤は、自然界に存在する界面活性剤もあれば、人の手で作られている合成界面活活性剤もあり、現在使用されている多くは合成の界面活性剤です。石けんも合成界面活性剤の1種です。自然界に存在するものの多くは、安全性は高いものの機能性がやや劣ります。合成された界面活性剤の多くは、機能性が高く、自然界に存在するものよりも長時間安定させる事ができるのです。

合成の界面活性剤の中で、しばしば問題になるのが、「石油系の合成界面活性剤」です。機能性が非常に高い界面活性剤なので、化粧品メーカー側は使いたいと思うでしょう。ところが最近、一部の石油系合成界面活性剤は、危険だと言う声も出てきました。たんぱく質を変質させるとか、肌のバリア機能を弱めたりする危険性があると言われています。また、環境汚染の一因とも言われています。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.