化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

カルボマー

<種類>合成ポリマー、乳化安定剤。

カルボマーは、「カルボキシビニルポリマー」の略称で、クリームや乳液などの安定剤として用いられます。水に粘りを与える特性を利用して、粘度調整や使用感をコントロールする化粧品ベースの成分として使用されます。

カルボマーは高分子なので、皮膚からは直接吸収されにくく、また変質や腐敗しにくい素材でです。アルカリ剤で中和すると、透明できれいなジェル状になるため、増粘剤や分散剤として広く使われています。

カルボマーにこってりした使用感を出すためには、グリセリンなどの保湿剤を、またさっぱりとした保湿感を出すには、アルコールを加えて調整されます。カルボマーは合成物質ですが、天然ジェル成分の「キサンタンガム」とブレンドする事もあり、洗い流すタイプのパックやリンクルケアなどの製品にも使われます。他には、乳液、クリーム、美容液、シャンプー、トリートメント、ジェル状製品などに使われています。

微生物汚染にも強く、変質、腐敗しにくいことなどから、増粘剤として現在最も多く用いられている成分です。この成分を配合した製品は、肌にのせると、溶けるようになじんでいくのが特徴です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.