化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

合成ポリマー

合成ポリマーとは、合成樹脂・合成ゴム・合成セルロースの事です。「化粧品に樹脂が入っているの?」とちょっとビックリしますよね。変質しない腐らない原料として、化粧品に多く使われているのですよ。少しの量でクリーム状にでき、使用感も柔らかくべたつかないので、乳化剤として大変よく使われています。

最近、人気なのは、ツヤや透明感を出すタイプの物です。これらのクリームを塗るという事は、ビニールで肌を覆うようなものです。メイクをして、合成ポリマーの膜を落とすには、強力な洗浄力のクレンジング剤が必要です。ふつうに洗っただけでは、なかなか落ちないのです。

クレンジングで肌を傷めつけると、皮膚のバリア機能も低下します。そうなると、肌は水分を保つ事ができなくなり、乾燥しますね。そしてまた、合成ポリマー入りのクリームでフタをする。悪循環です。

あなたのスキンケアで感じている潤いは、もしかしたら合成ポリマーの力なのかもしれません。一度、成分を確認する事をオススメします。代表的な合成ポリマーには、ジメチコン、メチコン、カルボマーK、アルリル酸、セルロース、ヘシロキシケイサンメタアクリル酸、シロキサン、などが上げられます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.