化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

指定成分

2001年3月まで、「薬事法」によって、化粧品に配合する場合は、配合成分を表示するように義務づけられていた成分がありました。それらの成分は、「アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分」と定義づけられ、厚生省によって「消費者に注意を促す目的」で102種類が指定されていたのです。それらの成分を、「指定成分」とか「表示指定成分」と言われていました。

2001年4月からは、指定成分の枠組みはなくなり、指定成分に代わって、全成分表示が義務化されました。なので、今では指定成分の事を、旧指定成分と言う事もあります。

102種類の指定成分の中には、合成防腐剤、合成酸化防止剤、硫酸系界面活性剤、香料、色素などが含まれています。代表的なものには、パラベン、ソルビン酸、エデト酸、セタノール、タール色素などがあります。

全成分表示が義務化されるようになり、消費者に安心感を与えると同時に、消費者の自己責任が求められるようになりました。また、成分表示の多さに紛れて旧指定成分が分かりにくくなったようにも思われます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.