化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

タール色素

化粧品、特にメイクアップ化粧品に、着色料として多用されているのが「タール色素」。 成分表では 赤色○号、 青色○号 と表示されています。多彩な色を作り出す事が可能で、色あせしにくく、安定性が高いので、メーカーにとっては重宝する存在ではあります。タール色素は石油タールから分離、合成されて作られます。

化学構造によって、アゾ系と、キサンチン系等に分類されます。アゾ系統の色素には、皮膚吸収されアレルギー反応を起こす原因とされるものもあります。発ガン性を示すものも多くあります。食品に使用が許可されているタール色素は12種類なのに対して、化粧品に使用できる法定色素は83種類もあり、口紅に入っていれば、食べ物と同じ影響が出るのでは?と懸念されています。

欧米ではタール色素について、規制があるのに対し、日本では許可されたほとんどの色素が、唇であろうが、目のまわりであろうが、どれだけ使っても許可されているのです。メイクアップ化粧品の他にも、シャンプーやリンス、歯磨き剤など色を付ける必要性のないものにまで、タール色素が含まれている事があります。子供用の歯磨き剤にさえ入っている事も・・・注意が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.