化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

パラベン

表示指定成分の代表格「パラベン」。毎日使っているセッケン、洗顔、ローション、クリームなどの化粧品全般、そしてしょう油、ソース、清涼飲料水など常温で保存できる加工食品すべてに添加されているといっても過言ではないでしょう。

パラベンは、正式名「パラオキシ安息香酸エステル」といいます。保存料、防腐剤、殺菌剤として食品や化粧品に添加されている成分です。ひとことで「パラベン」といっても、それは1種類ではありません。水溶性の「メチルパラベン」「エチルパラベン」、そして油溶性の「プロビルパラベン」が代表的なものです。パラベンは、ほとんどが鉱物(石油など)からできていて、防腐作用に優れていますので、今や化粧品には欠かせない存在と言えるのではないでしょうか?

けれども一方では、一部の人にとって皮膚トラブルを起こす物質であるのも、また事実なのです。そういう方には、「パラベンフリー」と表示された化粧品の使用をオススメします。

パラベンの中でも、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸ブチル、パラオキシ安息香酸プロピルが、環境ホルモン物質(内分泌かく乱化学物質)の疑いがあると言われています。環境ホルモンは人の体に入り込むと、もともとある体内のホルモンと結びついて、正常なホルモンバランスを崩してしまう可能性があるかもしれない・・・と言われている物質。注意が必要です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.