化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

防腐剤

防腐剤とは、化粧品の品質を保護・維持するため、微生物の増殖を抑えて、腐敗・発酵が起こらないようにする目的で添加される薬剤です。

化粧品に使用されている防腐剤には一般的に、パラベン(パラオキシ安息香酸エステル類)、フェノキセトール(エチレングリコールモノフェニルエーテル)、安息香酸ナトリウム、塩化ベンザルコニウム、過酸化水素水、クロルヘキシジン、サリチル酸、サリチル酸ナトリウム、CAE、ソルビン酸、、デヒドロ酢酸、フェノール、レゾルシン等があります。また最近では天然の防腐剤も使用されるものもあります。

防腐剤には殺菌作用はないので、持続的に働く事が求められます。類似のものに、殺菌剤や消毒剤がありますが、防腐剤はあくまで微生物の侵入・発育・増殖を防ぐのが目的であって、微生物を直接死滅させる作用はない点が、違いだといえます。

化粧品は、微生物による汚染を受けやすい物です。腐敗してしまい品質劣化を起こす事もあります。それが皮膚トラブルの原因となるのです。防腐剤は、化粧品の腐敗を防ぐために必要な成分です。けれども、中には防腐剤が配合された化粧品を使用して、ピリピリ感や不快な刺激を感じたり、まれにアレルギー反応を引き起こす方がいます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.