化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

アルブチン

コケモモ、ウワウルシ、西洋ナシの葉や皮に含まれている美白効果の高い成分です。

日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ目的で、美白用化粧品に配合されています。メラニン合成に関わるチロシナーゼという酵素に直接…

»詳細を見る

エラグ酸

エラグ酸には、強力な抗酸化作用があります。果物やナッツ、ベリー類の中に含まれ、特にザクロやラズベリーに最も多く含まれている成分です。細胞の突然変異や発ガン物質を抑え、ガンを抑制する力を持っているとも言わ…

»詳細を見る

コウジ酸

コウジ酸は、味噌や醤油を製造する際に使われる「麹菌」を培養して作られた美白成分です。味噌や醤油を作る職人さんの手が白く美しいという理由から、コウジ酸の美白効果が研究されるようになりました。

コウジ酸…

»詳細を見る

チロシナーゼ

メラニン色素をつくり出す、メラノサイトだけが持っている酸化酵素の事を「チロシナーゼ」といいます。

生まれたばかりのメラニンは、チロシンというアミノ酸の一種です。そこへ紫外線を浴びると、チロシナーゼと…

»詳細を見る

ハイドロキノン

近年、脚光を浴びている「ハイドロキノン」。日焼けやシミの原因となるメラニン色素の生成を抑える効果が高いため、最強の美白剤として薬用の美白化粧品に配合されています。

最近発見されたもののように思われが…

»詳細を見る

ビタミンC誘導体

ビタミンCそのままでは、空気にふれると酸化しやすく、とても不安定。そこで、ビタミンCを安定化させたのが、ビタミンC誘導体。皮膚に吸収されやすく、より長く皮膚内にとどまるように改良された成分なのです。皮膚…

»詳細を見る

美白

美白とは、読んで字のごとく「美しく白い」という意味です。化粧品で言うと、「美しく白い肌を保つ」という事ですね。

近年、地球環境の悪化と共に、紫外線の肌への影響が知られるようになってから、消費者の美白…

»詳細を見る

フリーラジカル

お肌の老化にも影響を与えるフリーラジカル。フリーラジカルとは、「ペア(対)になっていない電子を抱え、非常に反応しやすくなっている原子や分子」の事です。と言われても、一般の方には良く分かりませんよね。

»詳細を見る

メラノサイト

メラノサイトとは、表皮の基底層にあるメラニンを生成する細胞の事です。毛母基、脂腺、汗腺、真皮、髄膜などにあります。基底細胞10個につき1個の割合で存在しています。表皮内に存在するメラノサイトを、特に「表皮メラ…

»詳細を見る

有効成分

有効成分とは、医薬品、または医薬部外品に含まれる成分の中で、目的にあった効能効果を表す成分の事です。

例えば、美白化粧品(医薬部外品)でいうと、美白というのが目的で、ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.