化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

炎症性色素沈着

化粧品、日用家庭品、植物、金属、アレルギーなどが原因で、皮膚炎を起こした後、発生した色素沈着(シミ)の事です。刺激による炎症で、色素細胞が刺激されて、メラニンが増加するためにできてしまうのです。

例…

»詳細を見る

肝斑(かんぱん)

今話題のシミです。サプリメントを飲んで消えるという、あのシミ。

テレビCMで観るまでは、それ程認知度されていなかったシミの名前です。頬骨に沿って左右対称にできる、薄くぼやけたようなシミなのです。点ではな…

»詳細を見る

色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)

色素性乾皮症とは、光線過敏性皮膚疾患の一種です。Xeroderma Pigmentosumという英語名の頭文字から、省略して「XP」と呼ばれる事もあります。2006年公開の映画、及びドラマ『タイヨウのうた』で、主人公の薫が色素性乾皮症という設定になっていま…

»詳細を見る

雀卵斑(じゃくらんはん)

通称、「ソバカス」と言われるシミ(色素斑)です。スズメの卵の模様に似ているため、こう呼ばれています。

直径3~5mmの細かい薄茶色の点々が、主に顔の目の下に散在します。顔の他には、手の甲、腕、背中にもできる…

»詳細を見る

女子顔面黒皮症

炎症性色素沈着の一種です。1977年18名の女性が、大手7社の化粧品メーカーに対して、賠償を求める裁判を起こした「化粧品公害裁判」で、有名になった症状です。

化粧品などによる接触皮膚炎によって、顔面…

»詳細を見る

脂漏性角化症(老人性疣贅)

中年以降に発生し、加齢とともに増える皮膚の良性腫瘍です。老人性疣贅ともとも呼ばれます。

高齢者に多く見られる、皮膚の老化現象のひとつといえます。遺伝的な要素や、紫外線による露出部の皮膚の老化が、原因…

»詳細を見る

老人性色素斑

一般に「シミ」と呼ばれる症状の中で、最も多いと言われているものです。20歳代で老人性色素斑(日光黒子)を持つ女性も少なくありません。

原因としては、長い期間繰り返して、日光に当たった事だと考えられますが…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.