化粧品

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

酸化防止剤

製品の酸化を防ぐため、添加される成分です。化粧品のみならず、油脂の酸化と腐敗を防止したり、果実加工品や漬け物などの変色を防ぐ目的で、食品に添加されています。

例えば、葡萄は空気に触れると酸化して色や…

»詳細を見る

殺菌剤

殺菌剤は、皮膚や頭皮を消毒して、雑菌を殺し清潔に保つ目的で配合されています。

主な殺菌剤には、安息香酸塩、安息香酸ナトリウム、イソプロピルメチルフェノール、イソプロピルメチルエーテル、ウンデシレン酸…

»詳細を見る

指定成分

2001年3月まで、「薬事法」によって、化粧品に配合する場合は、配合成分を表示するように義務づけられていた成分がありました。それらの成分は、「アレルギーなどの皮膚障害を起こす可能性のある成分」と定義づけられ、厚生…

»詳細を見る

タール色素

化粧品、特にメイクアップ化粧品に、着色料として多用されているのが「タール色素」。 成分表では 赤色○号、 青色○号 と表示されています。多彩な色を作り出す事が可能で、色あせしにくく、安定性が高いので、メーカーに…

»詳細を見る

トコフェロール

自然界に広く存在する、ビタミンEです。植物、藻類、藍藻などの光合成生物によって合成されます。特に D-α-トコフェロールは医薬品、食品、飼料など、病気の治療、栄養の補給、酸化防止剤として広く利用されています。

»詳細を見る

パラベン

表示指定成分の代表格「パラベン」。毎日使っているセッケン、洗顔、ローション、クリームなどの化粧品全般、そしてしょう油、ソース、清涼飲料水など常温で保存できる加工食品すべてに添加されているといっても過言で…

»詳細を見る

防腐剤

防腐剤とは、化粧品の品質を保護・維持するため、微生物の増殖を抑えて、腐敗・発酵が起こらないようにする目的で添加される薬剤です。

化粧品に使用されている防腐剤には一般的に、パラベン(パラオキシ安息香酸…

»詳細を見る

BG(ブチレングリコール)

<種類>保湿剤。

BGとは、「1,3-ブチレングリコール」のことです。化粧品容器裏の成分表示を見ると、かなりの種類の化粧品に保湿剤として使われています。

BGは化学合成で作られた、無色、無臭の液…

»詳細を見る

DPG(ジプロピレングリコール)

<種類>保湿剤、感触改良剤。

DPG(ジプロピレングリコール)は、化粧品の伸びやすべりを良くする感触改良剤としてや、保湿剤として多く用いられている水溶性の成分です。肌の潤いを保ち、みずみずしさを維持…

»詳細を見る

PG(プロピレングリコール)

<種類>保湿剤、湿潤剤、防腐剤、粘度低下剤、保水剤。

酸化プロピレンから化学合成された多価アルコールです。

無色透明の液体で、グリセリンに似ていますが、グリセリンに比べると粘度が低いので、使用感…

»詳細を見る
スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.